読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花々日記

つきだて花工房の日常や雑感を綴っています。

自然の恵みということ

原発事故以降、特に福島では、自然とはだいぶ疎遠になってしまった感があります。

春を待ちかねて山菜を採り、秋風に誘われるようにキノコを採りに山に入って。

人によっては釣りを楽しむこともあったでしょう。

キジなどの野鳥やイノシシなども、その野趣溢れる風味は正に自然の恵みでした。

f:id:hanakobo:20160407132602j:plain

花工房の里山より ショウジョウバカマ

 

ちょっと自然とは言えないかもしれませんが、里山の木々も大切な資源でした。

需要は少なくなったとは言え、薪や炭として。

また、肉厚のキノコの栽培のための原木として。

f:id:hanakobo:20160407133832j:plain

花工房の里山より 春を謳歌する桜

 

5年前。

原発事故は、その全てを奪いました。

半減期の比較的長い放射性セシウムは、未だに原発事故の爪痕をそこここに鮮明に残しています。

 

とはいえ、放射性物質は環境中ではその半減期以上に減衰しています。

農産物については、対策もしっかりとられていて、検出限界値(基準値ではありません!)を上回るものはほぼなくなりました。

中には自治体などの出している数値は信用できない、などと言う人もいるようですが、ここで自主検査している結果からも、自治体で行っている検査の結果は信用するに値するものです。

 

実は販売用以外にも参考として様々な食材を自主検査しています。

春ですから、山菜も検査しています。

もちろん、今年も検査しました。

山菜というのは集めるのが大変なので、いくつかの品目をひとつの検体として扱っています。

(販売用は品目別に検査しています)

今回検査したのはこちら。

f:id:hanakobo:20160407134725j:plain

ノビル、フキノトウの茎、コゴミ、ユキノシタ

 

その結果がこちら。

f:id:hanakobo:20160407134957j:plain

 

\ND/

 

実は「たれか」してノビル以外は洗わなかったんですが…

それでもND。

一品目ごとだったら、もしかしたら検出されたかもしれません。

でも実際に食べるという前提であれば、この結果でも十分問題ないはず。

 

というわけで、今年もやります「里山春ご飯」体験。

花工房の里山で自然の恵みを摘んで、みんなでお昼ご飯を楽しみます。

山菜摘みの楽しさ、山菜ならではの香り、味わい。

この季節限定の自然の恵み。

ぜひご一緒に♪