読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花々日記

つきだて花工房の日常や雑感を綴っています。

ワラ細工・その2

今回はわら細工教室の2回目。

今回のお題はこちら。

f:id:hanakobo:20160225181633j:plain

見慣れない形ですが、鍋敷きです。

なかなか味があると思いませんか?

 

ワラ細工といえばまずは「わらぶち」仕事。

「やっこく」なるよう、「までい」にトントントントン…

うら若き女性も参加しております。

f:id:hanakobo:20160225181550j:plain

 

やっこくなったら、大雑把な形を作ります。

f:id:hanakobo:20160225181731j:plain

この時点でうまく「輪」にしておかないと修正が難しそう。

そしてこの土台を新たなワラで包むように編んでいきます。

f:id:hanakobo:20160225181811j:plain

見ているだけだとなかなかわからないんですよね。

まして反対から見てると頭がこんがらがる一方。

先生の身体の向きに合わせて教えてもらいます。

 

ちょっとコツを呑み込んでしまえばあとはひたすら編むのみ。

夢中で編みます。

口数も少なく…

f:id:hanakobo:20160225181852j:plain

 

そして完成!

f:id:hanakobo:20160225182022j:plain

上出来?かな?

 

出来はさておき、自分で作ったものは愛着がわきますよね。

作業した時間=向き合った時間が長いほどそういうものかもしれません。

こういう技、長く残したいものです。