読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花々日記

つきだて花工房の日常や雑感を綴っています。

「きぼうのたねをまく」

ずっとお話を聴いてみたい方がいました。

二本松市東和地域で震災に負けずに農業法人を起業した、20代の女性。

お名前は菅野瑞穂(すげのみずほ)さんとおっしゃいます。

今回、グリーンツーリズム事業の一環として、念願叶って講演会を開催することができました。

 

タイトルを「きぼうのたねをまく」としました。

菅野さんが立ち上げた会社の名前は「きぼうのたねカンパニー」。

f:id:hanakobo:20150315154355j:plain

 

蒔かれた種はやがて芽を出し、次々に葉を拡げ、天に向かって伸びていく。

まずは種を蒔いてみないことには何事も始まらない。

 

菅野さんの拠点である二本松市東和地域は、やはり原発事故で少なからず影響を受けています。

その当時は「作業に心が入らなかった」ともおっしゃいます。

それでも一粒一粒の種に「ありがとう」と声をかけながら蒔く菅野さんの姿が動画で流れました。

 

農家民宿やワイン造り、農家レストランなど、地域の「あるもの」を活かした地域づくりの様子。

地元を大切にする菅野さんのポリシー。

厳しい農作業を楽しくするための工夫。

 

すぐに月舘で実践できるものではありませんが、今後のヒントをたくさんいただいたように思います。