読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花々日記

つきだて花工房の日常や雑感を綴っています。

アイルランド音楽と落語の遭遇!

久々に笑いました。

会場にいらしたお客様もみなさん笑顔で。

「新春招福のつどい」のタイトル通り、笑顔で福を招くイベントになりました。

 

アイルランド音楽−あまり馴染みがないのですが、クラシックにはない親しみやすい音楽です。

今回は奥様もご一緒にいらして、笛だけではない、厚みのある音楽を楽しむことができました。

笛はフルート、リコーダー(音階によって使い分け)など、さまざまな種類。

そこに太鼓やアイルランドハープ、コンサルティーナというアコーディオンの一種が入ります。

面白かったのはスプーンズ。

2本のスプーンを使ってカスタネットのように鳴らします。

小気味いい音に、思わず踊り出したくなります。

踊りの曲だけではなく、ハープと合わせてしっとりと聴かせる曲も。

そして合間に、いや、演奏が合間に挟まるというか、トークがまた面白いんです。

ちょっとここには書けないような内容もありましたが。。。(汗)

f:id:hanakobo:20160124115348j:plain

2本のホイッスル(だったかな?)という笛を器用に演奏されていました。

 

そして花工房初の落語。

噺家は三遊亭わん丈さんという新進気鋭の若手の方です。

以外に生で落語を聞くというお客様も多かったのですが、守安さんのトークで和やかになっていた会場が大いに沸きました。

下の写真は「牛ほめ」という噺を演じているところです。

f:id:hanakobo:20160124120116j:plain

この他に「動物園」と「蝦蟇の油」という噺をされました。

 

音楽と落語を大いに楽しんだ後は、これまた初の出演者を囲んでの懇親会(希望者のみ)も。

守安さんもわん丈さんも関西ご出身と言うことで、普通にお話しされていてもなんとなく笑えて、こちらも楽しい時間となりました。

 

トークの途中、守安さんが「予言します。ボクは晴れ男だからボクがいる間は雪は降りません」とおっしゃっていました。

この日は数十年に一度の大寒波到来と言うことで、天気予報では夕方から雪の予報。

ちらちらとは降っていましたが、積もることなく、みなさん安心して帰られたようです。

そして翌朝…うっすらと雪が…