読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花々日記

つきだて花工房の日常や雑感を綴っています。

冬仕事

田舎の冬仕事の一つに山の手入れがあります。

手入れ、というよりは使うために木を伐るのが本来の仕事。

炊事、風呂、暖房。

かつてはほぼ全てを山の木に頼っていました。

それらがすっかりガスや電気に置き換わり、山の木が積極的に伐られることはなくなりました。

かといって山を放置しておくわけにはいきません。

 

木を伐るには水分の吸い上げがほとんどなくなる冬が最適。

ということで、花工房の里山はただいま絶賛伐採中です。

唸るチェーンソー、悲鳴を上げながら傾いていく木。

ドサーーン!!

迫力満点です。

f:id:hanakobo:20160117181918j:plain

倒した木は枝を落とし、主幹や太い枝を決まった長さに切っていきます。

こうして里山の木々は炭や薪となっていきます。

 

f:id:hanakobo:20160117182444j:plain

明るくなった里山の林床には光が射し込み、新しい芽生えが生まれます。

今まで大きな木々の葉陰になって成長できなかった若い木々が、すくすくと伸びることのできる環境を作ります。

木々も年をとると勢力が衰え、病気などにもかかりやすくなります。

里山にも世代交代が必要なのです。

 

さて、こうして伐った木を炭窯に入れる作業を来る22日(金)に実施します。

見学歓迎ですよ-!